一般社団法人 フォレスト・サーベイ

サイトマッププライバシーポリシー
HOME > H29森林作業道作設オペレーターの育成強化 TOP

平成29年度林業技術革新プロジェクトのうち
森林作業システム高度化推進事業
(森林作業道作設オペレーターの育成強化)

 

1.事業の目的       ▶

2.オペレーター研修    ▶

3.普及用マニュアルの作成 ▶

4.普及用マニュアル検討会 ▶

(参考)過去の事業結果   ▶

 

 

1.事業の目的

  本格的な利用期を迎えている森林資源の循環的な利用を図り、森林の公益的機能の高度発揮と持

 続的な林業経営を進めていくため、地域の状況に合った林業機械や作業システムを効率的に運用で

 きる森林作業道の作設が必要です。そのため、簡易で丈夫な森林作業道作設技術を有するオペレー

 ターの育成強化を図る必要があります。

 

  本事業では、簡易で丈夫な森林作業道の作設技術を有するオペレーターの育成強化を図るため、

 オペレーター研修(フォローアップ研修)及び普及用マニュアル検討会を実施します。

 

  なお、本研修は、林野庁の「森林作業道作設指針(外部リンク)」に即した道づくりを習得するも

 のであり、森林整備補助金に合致した道づくりを学ぶことができます。

 

平成29年度 事業のご案内(パンフレット) (PDFファイル:475KB)▶

 

 

2.オペレーター研修

  森林作業道作設に必要な技術力の更なる向上を目指して、応用土工等を中心としたオペレーター

 研修を実施します。

 

 

 

 

(1)「県共催型」:都道府県との共催による研修

   都道府県が計画し、フォレスト・サーベイと共催で実施するパターンです。

   県共催型については、都道府県が受講生を公募します。

 

   実施時期等の詳細は、各都道府県の林業普及担当にお問い合わせ下さい。

   ※各都道府県の実施予定時期が分かり次第、予定時期をトップページに掲載します。

 

 

(2)「職場内研修支援(OJT)型」:林業事業体等へ指導者を派遣して行う研修

   林業事業体や森林組合、関連団体等が、個別に研修を企画し、受講するパターンです。

   この場合、研修会場はそれぞれの研修実施希望者に確保して頂きます。

 

 

 

3.普及用マニュアルの作成

  これまで行った研修での作設技術や指導方法、適切な研修会場の選定や効率的な運営方法等のノ

 ウハウを整理し、研修指導者向けのマニュアル等を作成します。

 

 

4.普及用マニュアル検討会

  研修指導者向けのマニュアル等の作成にあたり、作成内容が現場に則したものかを検証し、盛り

 込むべき内容等について検討・確認するため、普及用マニュアル検討会を開催します。

 

 

(参考)過去の事業結果

 

  森林作業道作設オペレーターの育成強化  こちら▶  

 

 

Page Top▲


事業実施団体:一般社団法人 フォレスト・サーベイ 東京分室 森林技能者育成事務局
住所:〒102-0085 東京都千代田区六番町7番地、電話番号:03-6737-1297、FAX:03-6737-1298